2021年11月6日土曜日

【環境保全】環境教育と廃棄物の収集・リサイクルを通した環境美化事業 

2021年12月~2022年11月ウガンダ共和国ムベンデ県・ルサリラ地区にて新規事業が始まります!

公益信託 大成建設自然・歴史環境基金からの助成になります。

  ◆ゴミによる環境悪化!?

ウガンダのルサリラ地区は、国境(コンゴ民主共和国)に向かう交通の要所として急速に発展している人口5,000人ほどの地域です(下記地図参照)。

しかし、発展と同時に人口が増加し、毎日少なくとも0.5-1t程度の廃棄物が出ています。 

住民は無秩序にゴミを投棄するため、その廃棄物による土壌汚染、人間・家畜が利用する水源も汚染され、さらに汚染は人々の健康被害(水の汚染による感染症等)にまでおよび、事態は悪化するばかりです。

投棄されている廃棄物は、食品残渣やバナナの葉などの有機物、ビニール袋・包装紙、プラスチック、ペットボトルや瓶、缶などの自然に還らない容器包装などが混在している状態です。

 

水辺にもごみが散乱している


なぜこのような状況になるのでしょうか!?

根本的な原因は、人々の知識が不足していることです。

廃棄物の投棄から生じる健康被害、それによる環境汚染等の問題、また分別方法などについて、住民の知識が欠如していること、加えて行政による廃棄物の回収やリサイクルの制度が存在していないことが大きな要因です。

また、このような廃棄物を再利用できるという利点についても、もちろん認知されておりません。

例えば、有機廃棄物から堆肥を生産し農業に活用できること、また自然に還らない廃棄物は業者が買い取ってリサイクルし、再び資源として活用できるという、そのような利点を住民が理解することで、環境は改善されるのではないかと考えています。 

投棄されたごみは住民により燃やされている

◆このような状況を受け、私たちは以下の活動をします。

<事業の目的>

住民が適切な廃棄物の処理と環境改善についての知識を習得し、

有機廃棄物の堆肥化、リサイクルできる廃棄物の分別・利活用が実施され、

さらにその販売益を通して廃棄物処理が継続されることにより、

対象地区の環境が改善され、持続的に美化されること。


<対象者> 

ムベンデ県ルサリラ地区の住民1,000家庭(凡そ5,000名)

 

<活動内容>

 地区住民に向けた廃棄物の処理方法、廃棄物の活用方法に関する教育活動

 ☆地区全体に情報や環境教育トークを流すためのコミュニティラジオのシステムの導入し、環境保護の啓発のためのCMソング・スポットメッセージ流す☆

●廃棄物の分別、有機物の堆肥化、資源としてのリサイクル化(ゴミ箱の設置含む)

●環境保全グループの組織(廃棄物の投棄や分別を指導する)、法律の制定に向けた取り組み


<目指す成果>

  コミュニティラジオの環境教育トークを聞いた住民が、適切な廃棄・分別方法による環境保全を理解するようになること。

  住民がゴミを適切に処理するようになり、さらに有機廃棄物の堆肥化、リサイクルできる廃棄物の分別・利活用が行われるようになること。

  今回の事業により設立する環境保全グループによる活動、また地方政府と協力し法整備を行うことで、地区に持続的な環境保全の仕組みができること。



ゴミだらけの地域がどのように変化するか、今後の報告をお楽しみに!


*このプログラムは、公益信託 大成建設自然・歴史環境基金からの助成により運営しております。

*GBNのFacebookページ* https://www.facebook.com/globalbridgenetwork/



 

 

 

 

2021年8月15日日曜日

GBNは会員を募集しています!

 

会員として参加する

GBNでは、活動に共感して応援してくださる方、共に活動してくださる会員を募集しています。GBNの活動に興味がある、支援したい、そんな団体・個人はどなたでもご入会できます。

 

【会員として入会すると】

・現地プロジェクトの様子をレポート、動画等でお知らせいたします。

・日本で開催する交流会、プロジェクト報告会等のイベントにご招待いたします。

ご要望に応じて、リアルタイムで現地と交流したり、現地の様子をお伝えします。

・会員様のご意見やアイディア・企画を取り入れます。

 

 【会員種別と年会費】

会員の種別には、「正会員」と「賛助会員」の2種類があります。

 

●正会員: 総会は、正会員総数の2分の1以上の出席で開会することができ、正会員は総会での議決権があります。年会費は、個人正会員・団体正会員ともに5,000です。

 

●賛助会員:総会での議決権はありませんが、オブザーバー参加が可能です。年会費は、個人1口 3,000円(1口以上)、団体1口 30,000円(1口以上)です。

 


会員種別の定義については、「定款」「会費規程」をご確認ください。「定款」「会費規程」はWebサイト上で公開しています。

 

「定款」

「会費規程」

 

【入会のお申し込み】

WEBフォームからの申し込み

https://forms.gle/ULyD5C6Z4VRRubdZ6

●以下のQRコードからもWEBフォームへのアクセスが可能です


Webフォームでのお申し込みが難しい場合は、ご相談ください。


【入会手続きの流れ】

GBNでは、ご入会申し込みを受け付けた後、理事による承認手続きを経て、ご連絡をします。入会までの流れは下記の通りです。

 

入会のお申し込み

  ↓

受付メールの送信

2週間以内に「承認のご連絡・会費の振り込みのご案内」をメールで送付

入金確認後、登録完了のご連絡

 

2週間経っても登録案内が来ない場合には、お手数ですがご連絡をお願いいたします。

2年目以降の会費のご請求は、入会時期に関わらず、毎年4月となります。

 

【会費の納入】

オンライン(クレジットカード)決済

寄附サイト、Syncableを通じて会費をお支払いいただけます。寄付頻度を「今回のみ」として、会員種別に応じた金額をご選択ください。

 

◆リンク先:https://syncable.biz/associate/Globalbridgenetwork/donate/


 ●銀行振込

  <銀行名>   ゆうちょ銀行

<口座番号> 3801889

<店 番>  098

<名 義>  特定非営利活動法人 Global Bridge Network

※領収証をご所望の場合は、お手数おかけいたしますが下記のアドレスにご連絡をお願いします。

 

 【ご連絡先】infoglobalbridgenetwork.org

     (★を@に変更してお送りください。 






*GBNのFacebookページはこちら


2021年8月14日土曜日

【経済的自立支援】第2四半期報告(2021年4月~2021年6月)

 

マイクロクレジットを通した女性や若者の経済的自立支援

*マイクロクレジット:貧困層向けの無担保・小額の融資


第2回の四半期報告(2021年4月~2021年6月)のご報告です!

こちらをクリックしてください。

 
























※本プロジェクトは皆様の寄付などを含む自己資金を活用しています。



*GBNのFacebookページはこちら

2021年6月6日日曜日

【経済的自立支援】第1四半期報告(2020年12月~2021年3月)


マイクロクレジットを通した女性や若者の経済的自立支援

*マイクロクレジット:貧困層向けの無担保・小額の融資


第1回の四半期報告(2020年12月~2021年3月)のご報告です!

こちらをクリックしてください。



















※本プロジェクトは皆様の寄付などを含む自己資金を活用しています。



*GBNのFacebookページはこちら

2021年5月8日土曜日

ウガンダ共和国における「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業」

JICAの草の根協力支援型(2020年度第2回)として採択されました!*



*事業の開始は2021年度末から2021年度初旬の見込みです。 

事業の背景

<生理が原因で学校を中退?!

ウガンダをはじめとした途上国では、子どもたちが様々な原因で学校を中退してしまうという問題があります。授業料を払えない、学校が家から遠いなど、理由は様々です。その中でも、実は生理が原因で女子生徒が中退してしまうという問題があります。加えて生理について言及することがタブーという文化的背景があり、青年期の男女が学校や家庭で生理について教わらず、月経に関する正しい知識、衛生・性教育が不足していることも深刻な問題です。

 GBN は、NPO 法人設立前に「生理用品配布事業」を実施しました。貧困のため生理用ナプキンを購入できず、手元にある古着など不衛生なものを代用することによる感染、洋服などに漏れてしまったところを見た男子生徒にからかわれる等、生理が原因で学校を休学、中退してしまう女子生徒がたくさんいるという事実を知ったからです。そこで、1年間洗って使える布ナプキンを配布し、それが女子生徒の就学状況の改善にどれほどの効果を与えるか測るべく、調査を行いました。

 ◆調査報告書はこちらです。

 布ナプキンプロジェクト調査結果2015

 その結果、布ナプキン配布後の女子生徒の学校の出席率、成績などの向上が見られ、中退した 女子生徒も復学することが出来たのです。生理期間中に学校を休むと、1か月に長くて1週間、1学期の期間中に合計3週間近く休むことになり、学校の出席率や成績に大きく影響します。その結果、学校を中退してしまい、学校を出ていないことにより十分な収入を得られる職業に就く機会も逃してしまいます。また、男女ともに生理に関する正しい知識、衛生・性教育の不足、ジェンダー意識の低さも大きな原因であることが分かりました。


20172019年「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業」>

その後、20172019年の3年間、Lush Japan様の助成でウガンダのムベンデ県にある現地NGOのSORAK Development Agency *協働し、生理による女子生徒の中退防止を目標に、布ナプキンの作成指導、衛生・性教育、ジェンダー啓発活動を実施し、どのような効果が得られるかを測るインパクト調査を実施しました。

*SORAKhttps://www.facebook.com/Sorak-Development-Agency-314375665249241/


 ◆各報告書はこちらです。

リンク:http://globalbridgenetwork-jp.blogspot.com/2020/03/blog-post.html

 

<JICAのプロジェクトとして、これまでの活動を発展させます>

上記の事業の実施で、布ナプキン作成トレーニングの拡充、生理に対する正しい知識、衛生・性教育の普及、ジェンダー意識の啓発などのさらなる効果的なサポートを実施し、ウガンダの女子生徒の就学率向上に貢献することが必要であると認識しました。

 また、教員による生理の問題に対処する能力の欠如、また多くの学校に女子トイレ、汚れた衣類を洗う洗面所、着替えの場所などの設備が不足していることも課題です。また一般的に、使い捨ての生理用ナプキンを購入できない女性の多くは、何度も使用できる生理用布ナプキンの存在自体を知らないことが多いです。貧困家庭の女子が学校を退学してしまうと、児童労働・性産業への従事、若年の結婚・妊娠などに陥ってしまう可能性が高まります。女子が将来、社会的・経済的に脆弱な立場に陥らないためにも、生理中も安心して学校に通学し、基礎教育を完了できる環境をつくることが必要であると考え、本事業を実施します。

JICAの掲載ページ

草の根協力支援型 | 市民参加 | 事業・プロジェクト - JICA

 

本ブログにて、事業の進捗をお伝えしていきますので、お楽しみに!


*GBNのFacebookページ* https://www.facebook.com/globalbridgenetwork/



 

2021年3月13日土曜日

モザンビークのお話 (Vol.5) 横田 美保

こんにちは。日増しに暖かくなり、早春の息吹を感じるこの頃です。

皆さんお変わりございませんか。

さて、今回は201210月に立ち会った武器アートの製作現場の様子をお伝えします。

その頃、私はえひめグローバルネットワーク(EGN)のモザンビーク事務所長として首都のマプトに駐在しており、前回のブログでお話したように、EGNは市民の手で平和構築を目指すTAEプロジェクト*を支援していました。

*TAEプロジェクトの詳細はひとつ前のブログをご参照ください。⇒【リンク先

このプロジェクトに魅せられた国立民族学博物館(大阪府吹田市)の依頼で、武器アーティストのフィエルさんとケスターさんが大型の武器アートを製作することになりました。その様子を国立民族学博物館の吉田憲司館長が記録するということで、私もその製作プロセスを日々見せて頂くことにしました。

作品のモチーフは、「自転車」と「家族」です。

TAEプロジェクト*のために日本の放置自転車が交換物資として活用されてきたという経緯、また平和な世の中でこそ成立する何気ない日常、平和構築のために前進し続けるというようなメッセージが込められているようです。





まず、銃を切断します。この作品を製作するために合計で100丁以上の銃が使われているそうです。まれに弾薬が込められたままであったり、暴発したりすることもあるので切断のプロセスには細心の注意が必要です。この作業の際に銃口が周囲の人に向かないようになどの注意も必要です。





作品の枠組みを作成し、そこにパーツを一つ一つ溶接していきます。

 





自転車のクランク、サドルを再現。小さいパーツを溶接するのは根気のいる作業です。















自転車の完成。作業が夜中までかかることもありました。

3週間かけて、渾身の作品が完成しました。

 

自転車のハンドルを握った父親が片足を地面につけ、今にも漕ぎ出そうとしている姿で、後部座席には母親と背負われた子どもの姿があります。そこに伴走する犬の姿もあります。

 

完成した作品は、下記のリンクからご覧になれます。日本の多くの方々にもモザンビークの悲しい戦争の歴史を知っていただき、この作品に込められた平和への想いを受け取ってもらえたらと思います。

 


国立民族学博物館所蔵:『いのちの輪だち(Cycle of Life』 2012

フィエル・ドス・サントス/クリストヴァオ・カニャヴァート(ケスター)

https://www.minpaku.ac.jp/museum/enews/146otakara


※この作品は、常設展示ではないので、是非見てみたいという方は、同博物館にお問合せ下さい。

 ここまでお読み頂きありがとうございます。次回もお楽しみに!


Vol.6に続く)

 


GBNFacebookページ*