2019年2月28日木曜日

【パートナー紹介】STUDIO BARJARA (Atsukoさん)

今回は、STUDIO BARJARA(スタジオ バージャラ)を主宰するAtsukoさんをご紹介します!

Atsukoさんは、アフリカンスタイルダンスやピラティスのレッスンを開講しており、Global Bridge Network(GBN)の国際交流イベントSanyu!のオーガナイザーとしても活躍してくださっています!

こちらがAtsukoさん。いつも素敵な笑顔です♪

また、ダンスコスチュームの売上をGBNに寄付してくださるなど、様々なご協力・ご支援を頂いております。

今回は、Atsukoさんのお仕事やアフリカンダンスとの出会い、GBNとの活動などについて語って頂きました。

*******************

<現在の仕事>
伝統的なアフリカンダンスではなく、様々なジャンルのダンスをミックスしたアフリカンスタイルダンスクラスをメインに、 大人・子供対象のヒップホップ&ハウスダンスクラス、 運動が苦手な女性のためのピラティスレッスン、 後期高齢者対象の機能訓練・健康体操の講師として活動しています。 
また、ダンスイベントなどのオーガナイズ・コーディネートも行っています。

<アフリカンダンスとの出会いから、なぜアフリカンスタイルダンスを伝えていこう!というようになったのでしょうか?>
元々はストリートダンスやジャズダンスをメインにダンサーを目指して習っていましたが、通っていたダンススクールでアフリカンダンスのWSに参加したところ躍動感あふれるダンスに感動し習い始めました。 
踊ることで心が解放され気分がとても良くなることをたくさんの方に体感してもらいたくてアフリカンスタイルダンスのクラスを開講しました。

エネルギッシュなパフォーマンスが伝わってきます!!

<GBNへのご協力やアフリカに対する想い>
私自身、国際支援とは無縁の生活をしているのですが、私はアフリカンスタイルダンスを教えることをメインに仕事をしております。
自分の生活を支えて、喜び、時には悲しみ、たくさんの事を感じ、考えさせてくれるのが、アフリカンスタイルダンスです。 

そろそろこのアフリカンスタイルダンスに恩返しをする時期かな?と思い微力ですがイベントのコーディネートや衣装製作などでGBNの活動に協力させて頂きました。
協力活動を深めることで現状のアフリカを知ることでき、GBNを通してたくさんのアフリカ人と交流することができてうれしく思っております。
今後もまだまだ知らないアフリカを見て感じ私自身ができることを協力していきたいと考えております。

<アフリカンスタイルダンスレッスンについて>
STUDIO BARJARAではダンスの経験・年齢に関係なくレッスン生を募集しております。
興味のある方は一度ダンスレッスンにチャレンジ♪
お待ちしております!

STUDIO BARJARAのHPはこちら

*******************

Atsukoさん、いつもありがとうございます!
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。




*GBNのFacebookページはこちら

2019年2月19日火曜日

【環境保全】 学校16校で「環境保全クラブ」導入と環境保全活動


皆さま、こんにちは!Global Bridge NetworkGBN)です。 

「ウガンダのムベンデ県にてレモングラスの栽培拡大と環境教育による環境保全事業」について、今年度2回目の活動報告です。

環境保全クラブの学校での植樹活動

さて、今回は20186月~9月に実施した「活動1.7 学校16校で「環境保全クラブ」導入と植林などの環境保全活動 」について報告します。

ムベンデ県内の16校、それぞれ20名の生徒による「環境保全クラブ」を結成し、学校内での環境破壊について監視と報告、また樹林活動などを実施しました。

クラブの役割
  • 環境教育が発展する機会を提供し、クラブが生徒たちの指導チームとなって校内の環境問題に対する責任を果たす。クラブは環境に影響を及ぼす問題であればどんなものでも他の生徒を率いて取り組む役割りを担っている。
  • 他の生徒たちに環境問題について伝え、廃棄物管理、土壌保全、植樹活動を実施する。
  •  学校全体と団結し、校内環境に対する意識改革、提言活動、保全活動、維持管理を生み出す。


 
植樹活動の始動に立ち会ったSORAKスタッフ


子どもたちが届けられた苗木を運ぶ様子

成果として、クラブが実施した植樹活動を通し、環境に確実に良い効果を出し、また廃棄物の適切かつ衛生的な管理について他の生徒たちの意識も高まったとのことです!

学校をベースとした環境保全クラブを無事導入でき、クラブの生徒たちは環境を守るためにSORAKや学校と協力し活動していくことを約束してくれました!


活動詳しい内容はこちらをご覧ください。
プロジェクトは独立行政法人 地球環境基金様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2019年2月18日月曜日

【イベントのお知らせ】Sanyu! vol.3(2019/3/21)

"Sanyu"は、アフリカのウガンダの言葉で"Happy"を意味します。

アフリカには貧困や紛争などたくさんの問題がある一方、身体が自然と踊り出すようなダンスや力強い太鼓、おしゃれな雑貨など親しみやすい面もたくさんあります!

今回のイベント"Sanyu! vol.3"は、アフリカのウガンダを中心に国際支援活動を行うNPO法人Global Bridge Network、アフリカンスタイルダンスを行っているSTUDIO BARJARA、ジャンベ(アフリカの太鼓)グループのアフリカンたいこ教室Djembe playersによる、ユニークなコラボイベント第3弾!


 アフリカが抱える問題を知るだけでなく、ダンスや太鼓もお楽しみ頂けます!
また、当日はおしゃれなアフリカン雑貨も多数ご用意しております。

真面目に、楽しく、アフリカについて知りましょう♪

アフリカを知ることで、皆さまがHappyな気持ちになれますように。そして、ここからアフリカにたくさんのHappyが届きますように!

皆さまのお越しをお待ちしております♪(シェア大歓迎♪)



-日時:2019年3月21日(木・祝)13:30~15:30 (13:00オープン)
-会場: MOANA (モアナ)
神奈川県横浜市中区本町6-52 本町アンバービル 2F
(最寄:みなとみらい線 馬車道駅徒歩10秒!)
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14030826

-プログラム:
 13:00 オープン
 13:30 スタート、主催団体の活動紹介
 14:10 歓談
 14:30 アフリカンスタイルダンス&ジャンベ(太鼓)ショー
 14:50 歓談
 15:10 みんなで踊ろう、ウガンダダンス♪
 15:30 クローズ

-チケット: 3,000円(前売)、3,500円(当日)
 (2時間飲み放題、軽食ビュッフェ形式の超お得プラン♪)
-予約: https://ssl.form-mailer.jp/fms/67d31824571916
こちらのQRコードからも申込み可能です!
-ライブ: アフリカンたいこ教室Djembe players
-パフォーマンス: STUDIO BARJARA DANCERS 
-お問合せ: info@globalbridgenetwork.org
-主催: NPO法人Global Bridge Network
-コーディネイト: STUDIO BARJARA





*GBNのFacebookページはこちら

2019年2月10日日曜日

【女の子の教育環境改善】インパクトアセスメント報告書

今回は、株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」2期目のインパクトアセスメント報告書を掲載しました。

インパクトアセスメント調査は、ルワウナ初等学校の21名、チバリンガ郡の聖ジョセフ・チバリンガ 初等学校15名、プレシャス・チャイルド・ラーニング・センター12名と、対象校より計48名の生徒(男子生徒12名、女子生徒36名)を対象に行いました。

ルワウナ初等学校のクラブメンバーがトレーニングを行う様子

なお、SORAK作成の「布ナプキン啓発と普及」に向けた地域での会合の参加者8名(女性6名、男性2名)、学校の責任者2名(ルワウナ初等学校、プレシャス・チャイルド・ラーニング・センター)、女性教員3名、男性教員3名も調査の対象としました。

この調査は、ナビンゴラ郡のルワウナ初等学校、チバリンガ郡の聖ジョセフ・チバリンガ 初等学校、プレシャス・チャイルド・ラーニング・センターの3校において 2018年11月20日~11月27日に実施しました。
プレシャス・チャイルド・ラーニング・センターで
布ナプキンを生産している様子

この調査を通じて、各関係者は以下のように月経時の衛生管理に対する態度が変化したことが分かりました。
報告書の一部をご紹介します。

· 男子生徒は協力的になり、その結果、生理に対する偏見が減り、男子生徒はクラブの活動に加わるまでになった。
· 教員は、女子生徒の月経に対する対処の改善を促すようになった。以前は月経に関する情報を生徒に教えることはなかったが、SORAKのプロジェクト実施後には、月経に関する問題を公然と教えるようになった。
· 保護者は、SORAKから月経についての知識をSORAKから得たことで、娘に説明することをためらわなくなった。何名かの保護者は、追加のトレーニングを望んでいる。

生徒たちが作成した布ナプキンを見せているところ

本プロジェクトへの資金提供と活動を通じて、SORAKは思春期の女子学生の月経時の衛生管理の改善を行い、その結果、女子学生の退学を減らすことが出来ました。
SORAKは、プロジェクト対象校と地域、学生、教員、保護者に対して、大きなインパクトを与えることが出来ました。


こちら⇩のレポートに詳しい内容があります!ぜひご覧ください!!!
インパクトアセスメント報告書


*このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。




*GBNのFacebookページはこちら