ラベル 活動紹介 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 活動紹介 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年2月10日日曜日

【女の子の教育環境改善】インパクトアセスメント報告書

今回は、株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」2期目のインパクトアセスメント報告書を掲載しました。

インパクトアセスメント調査は、ルワウナ初等学校の21名、チバリンガ郡の聖ジョセフ・チバリンガ 初等学校15名、プレシャス・チャイルド・ラーニング・センター12名と、対象校より計48名の生徒(男子生徒12名、女子生徒36名)を対象に行いました。

ルワウナ初等学校のクラブメンバーがトレーニングを行う様子

なお、SORAK作成の「布ナプキン啓発と普及」に向けた地域での会合の参加者8名(女性6名、男性2名)、学校の責任者2名(ルワウナ初等学校、プレシャス・チャイルド・ラーニング・センター)、女性教員3名、男性教員3名も調査の対象としました。

この調査は、ナビンゴラ郡のルワウナ初等学校、チバリンガ郡の聖ジョセフ・チバリンガ 初等学校、プレシャス・チャイルド・ラーニング・センターの3校において 2018年11月20日~11月27日に実施しました。
プレシャス・チャイルド・ラーニング・センターで
布ナプキンを生産している様子

この調査を通じて、各関係者は以下のように月経時の衛生管理に対する態度が変化したことが分かりました。
報告書の一部をご紹介します。

· 男子生徒は協力的になり、その結果、生理に対する偏見が減り、男子生徒はクラブの活動に加わるまでになった。
· 教員は、女子生徒の月経に対する対処の改善を促すようになった。以前は月経に関する情報を生徒に教えることはなかったが、SORAKのプロジェクト実施後には、月経に関する問題を公然と教えるようになった。
· 保護者は、SORAKから月経についての知識をSORAKから得たことで、娘に説明することをためらわなくなった。何名かの保護者は、追加のトレーニングを望んでいる。

生徒たちが作成した布ナプキンを見せているところ

本プロジェクトへの資金提供と活動を通じて、SORAKは思春期の女子学生の月経時の衛生管理の改善を行い、その結果、女子学生の退学を減らすことが出来ました。
SORAKは、プロジェクト対象校と地域、学生、教員、保護者に対して、大きなインパクトを与えることが出来ました。


こちら⇩のレポートに詳しい内容があります!ぜひご覧ください!!!
インパクトアセスメント報告書


*このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。




*GBNのFacebookページはこちら


2019年1月27日日曜日

【女の子の教育環境改善】番外編:あしながウガンダ&SORAKの共同事業

今回のご報告は、201811月に実施したあしながウガンダとの共同事業のご報告です。

ムグングル小学校にてナプキン製作に使われる生地を整えている様子

 
あしながウガンダの「心塾」では学業に優れながらも資金不足のために大学レベルの教育が受けられない(アフリカ諸国の)孤児を対象に高等教育(大学)の機会を提供しています。

今回はあしながウガンダの学生たち33名がSORAKの活動地であるムベンデ県にて、地域の小中学校にて再利用可能な生理用布ナプキンの作成の実施、そして月経時の衛生管理や教育を受けることの大切さについてお話ししてくれました。


再利用可能な生理用布ナプキン作製の実践講習会 の様子

あしながウガンダの学生がより良い将来のために学業に努めるよう
生徒たちに語りかけている
あしながチームと小学校の生徒との集合写真



こちら⇩のレポートに詳しい内容があります!ぜひご覧ください!!!





*GBNのFacebookページはこちら

【女の子の教育環境改善】ラジオトークショー・CMによる布ナプキンと月経時の衛生管理の普及

株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!



今回のご報告は、201810~12月に実施した「ジオトークショー・ラジオCMによる布ナプキンと月経時の衛生管理の普及」活動のご報告です。

今回の活動の目的は、ラジオトークショー・ラジオCMを通して、SORAKが生産した布ナプキン‘Happy Pad’の周知を図り、適切な月経時の衛生管理に対する一般の人々の認識を高め、より多くの人々にSORAKの布ナプキンが普及することです。

SORAKが生産した「Happy Pad」の紹介

多くのリスナーから電話での問合わせを受けた

Heart FMにてラジオCMを録音する様子


☆ラジオトークショーの内容は以下です。
  • プロジェクトの説明
  • これまでの活動内容
  • 思春期の女子生徒が月経時に学校で直面している課題と親の責任
  • SORAKが作成した布ナプキンと入手方法

☆ラジオCMではSORAKが作成したHappyPadの歌と共に、Happy Padの宣伝をしました。

活動の成果
  • ラジオは広範囲の地域に放送され、多くの人々に布ナプキン‘Happy Pad’について、周知することが出来た。
  • Heart FM にて15回のラジオCMの放送により、多方の人々から布ナプキンの注文・布ナプキン作成トレーニングに関する問い合わせを受けた。
  • リスナーは、適切な月経時の衛生管理の知識を得て、思春期の女子生徒に月経時の衛生管理をさせる自分たちの役割・責任について知らされた。
  • リスナーからの様々な質問に回答した。「他県でも販売拠点を開設するのか」「SORAKの布ナプキンを普及する代理販売者になれるか(代理販売者とは、会社あるいは団体の代理で商品の普及・販売を行う者)」、「どこで入手できるか」等。


活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。


  *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2019年1月13日日曜日

【女の子の教育環境改善】生徒から生徒へ行う性教育

株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!

性教育について他の生徒たちに説明している様子

今回のご報告は、201811月に実施した月経衛生クラブによる「性教育トレーニング」活動のご報告です。

クラブ活動の目的は、各学校(対象校3校)の生徒で構成される‘月経衛生クラブ’のメンバーが主導して月経時の衛生管理・ジェンダー啓発・性教育について他の生徒へ啓発していく事です。前回はクラブのメンバー(生徒)から他の生徒へ「月経時の衛生管理」を実施しました。今回は「性教育」セッション、男女の肉体的な性差から、女子生徒が性的な搾取、並びにセクシャルハラスメントから身を守る能力を身に着ける方法などについて、月経衛生管理クラブの生徒から生徒へセッションを実施しました。

月経の衛生管理クラブによる性教育セッション

性教育実施の様子

生徒たちが質問に答えている様子

セッションに参加する生徒たち


議題は以下です。
·       性と生殖に関する健康への理解
·       思春期への理解
·       若年での性交とそれに伴う危険
·       シュガーダディ(若い女の子を経済的に援助してあげるかわりに様々なタイプの見返りを求める男性)の誘惑の言葉の例
·       性的な暴力
·       性的虐待、セクシャルハラスメントの報告先
·       教育の重要性

活動の成果
Ø  生徒たちは、思春期の男女の体に起こる変化ついて学んだ。
Ø  生徒たちは、若年期の性交渉に伴う危険について説明ができるようになった。
Ø  生徒たちは、セクシャルハラスメントの事例(性暴力など)について理解し、被害にあった場合は、担当の政府機関等にレポートするよう説明を受けた。
Ø  性的嫌がらせ、暴力を受けた場合に、どこ・誰に報告するかということを理解した。
Ø  生徒たちは、学校での教育の重要性について理解し、今後は退学者が減少することが期待できる。



活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。

  *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2018年12月24日月曜日

【女の子の教育環境改善】生徒から生徒へ行う月経時の衛生管理

株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!

セッション後の生徒たちの集合写真


今回のご報告は、201811月に実施した月経衛生クラブによる「月経時の衛生管理セッション」活動のご報告です。

クラブ活動の目的は、各学校(対象校3校)の生徒で構成される‘月経衛生クラブ’のメンバーが主導して月経時の衛生管理・ジェンダー啓発・性教育について他の生徒へ啓発していく事です。前回はクラブのメンバー(生徒)から他の生徒へ「ジェンダー啓発」を実施しました。今回は「月経時の衛生管理」セッション、月経についての概要、月経時の衛生管理、布ナプキンの作成などについて、クラブの生徒から生徒へセッションを実施しました。

月経衛生クラブによる月経時の衛生管理トレーニング

布ナプキンの使用方法のデモンストレーション

材料がどのように布ナプキンになるのかを説明

個々で行う衛生管理について説明

議題は以下です。
  • 月経の概要
  • 月経周期
  • 月経の兆候・症状/特徴
  • 月経の衛生管理
  • 布ナプキンの作成
活動の成果
Ø  生徒たちは月経に関する基本的な知識を身に着けた。
Ø  生徒624(男子生徒215/女子生徒409)が月経時の衛生管理トレーニングに参加し、男子生徒は生理中の女生徒をからかう習慣をなくすよう尽力すると約束した。
Ø  学校管理者は月経衛生クラブの役割を称賛し、今後も活動を支援していくことを誓った。
Ø  全対象校3校にて、課外活動の時間を月経時の衛生管理のクラブ活動として割り当て、布ナプキン作成を毎週行うことに同意した

活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。

  *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2018年12月9日日曜日

【女の子の教育環境改善】生徒から生徒へ行う ジェンダー啓発

株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!

ジェンダー啓発のトレーニングに参加する生徒達

今回のご報告は、20185月に実施した月経衛生クラブによる「ジェンダー啓発」活動のご報告です。

クラブ活動の目的は、各学校(対象校3校)の生徒で構成される‘月経衛生クラブ’のメンバーが主導して月経時の衛生管理・ジェンダー啓発・性教育について他の生徒へ啓発していく事です。

前回、各クラブの生徒は、月経時の衛生管理、ジェンダー啓発、性教育についてトレーニングを受けました。

今回はトレーニングを受けたクラブのメンバー(生徒)から他の生徒へ「ジェンダー啓発」を実施しました。

月経衛生クラブによる発表内容の準備

トレーニングを実施

トレーニングから学んだ事を板書

議題は以下です。
  • 「ジェンダー」と「性」の違い
  • ジェンダーの特性の例
  • ジェンダー(男女差)による役割と責任の違い
  • 生徒達の役割
  • 教師/教育者の役割


活動の成果
  • 活動を通して生徒達はジェンダーと性の違いを認識できる様になった。
  • 月経衛生クラブの子ども達は、ジェンダーと性の違いについて明確に話せていた。
  • トレーニング終了後に、生徒達はジェンダーによる異なる役割や責任について自由に述べる事ができる様になった。
  • 月経衛生クラブの子ども達は、ジェンダー啓発における彼らの役割、また女子生徒の性的暴力に対抗する推進者・主張者として行動する事を他の生徒達に説明できた。
  • ジェンダーへ配慮した教育環境を確保する役割と責任について、教員に対しても再認識させることができた。


活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。
活動 2-2-1 生徒から生徒へ行う ジェンダー啓発

  *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2018年12月6日木曜日

【イベント報告】ソーシャルスタンド #42 ウガンダを知る、考える

皆さま、こんにちは!Global Bridge Network(GBN)です!

12月2日(日)に、 ソーシャルスタンド様と共同で「ソーシャルスタンド #42 ウガンダを知る、考える」というイベントを開催しました!
イベント中の様子。
ウガンダ産チョコレートとドライパイナップルをつまみながら♪

今回のイベントは、少人数制でウガンダのことを知ってもらう機会ということで、GBNからもウガンダの情報をお話ししつつ、参加者の方々からのご質問にお答えもしながら、ウガンダのことが少しでも多く伝わるような時間にさせていただきました。

ウガンダの文化、食べもの、課題、おすすめスポットなど話題は尽きず、あっという間の2時間!
当日は2名のウガンダ人も参加してくれたことで、より現実味のある話を聞く機会になりました。
流暢な日本語とユーモアを交えて、ウガンダのことを語ってくれました!

ご参加くださった皆さま、ソーシャルスタンド様、ありがとうございました!

今後もGBNでは様々な企画を検討中です。
どうぞお楽しみに!



*GBNのFacebookページはこちら

2018年12月3日月曜日

【環境保全】 学校の子どもを対象に環境教育と啓発キャンペーン

皆さま、こんにちは!Global Bridge NetworkGBN)です。 

「ウガンダのムベンデ県にてレモングラスの栽培拡大と環境教育による環境保全事業」について、今年度2回目の活動報告です。

小学校にて啓発キャンペーン


20186月に実施した「活動1.6学校の子ども達向けに実施した環境教育と啓発キャンペーン」について報告します。

ムベンデ県内の16校、約8000名の生徒を対象に環境教育と啓発キャンペーンを実施しました。

<キャンペーンの目的>
  • 子どもに対し、あらゆる環境保全対策を通じて、環境を大切にする重要性を伝えること。
  • 学校に対し、植林、レモングラス栽培、環境保護の法律策定等、学校を通して環境保全に取り組む意識を高めてもらう事。






今回のトレーニングでは以下の成果と提案が上がりました。

I.  子ども達は、環境保護に関する校則を破ると罰則に繋がる事を認識した。
II. 子ども達は、両親にも環境保護の大切さをわかってもらうため、学校で学んだ事を両親に共有する事を約束した。
III.  教員は、学校や地域社会で環境保全につながるの学校への苗木の提供について感謝の意を表した。
今回のトレーニングでは、子ども達だけでなく教員にも環境に関する意識を高める機会となりました。
また、学校でも環境に関する校則を強化し、環境保護に関する取り組みを積極的に行う機会となりました!

活動詳しい内容はこちらをご覧ください。
プロジェクトは独立行政法人 地球環境基金様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2018年11月4日日曜日

【女の子の教育環境改善】生理用布ナプキン啓発と普及に向けた地域での会合


株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!


生理用布ナプキンの利点を説明している。


13地域で会合を開き、布ナプキンに関する情報共有と、ナプキンの購入・使用を促しました。

活動の目的は、SORAKで作成した布ナプキンを普及させる事、また女子生徒の両親・保護者に対して、女子生徒が生理になって学校を欠席しなくてすむように、保護者として月経時の衛生管理をきちんと教える責任があることを自覚してもらうことです。

生理用布ナプキンの使い方を説明している様子

熱心に耳を傾ける地域の人々


会合の議題
      月経時の適切な衛生管理の概要 
      女子生徒へ衛生管理について教育を行う親の役割
      SORAKの布ナプキンの紹介
      布ナプキンを使う利点
      布ナプキンの使用方法
活動の成果
      参加者は月経時の衛生管理を徹底する事を約束し、また不衛生な生理用品を使う危険性/リスクについて学んだ。
      女子生徒の親は、娘に生理用品を与える親としての責任を認識し、生理中の子供たちをサポートする事を誓った参加者もいた。
      会合時に15枚のナプキンが売れた。また、積極的は参加者に布ナプキンを5枚ほど寄与した。
      各地域(13地域)に一人、布ナプキンの販売を担う人を選出し、布ナプキンが必要な顧客を見つけ、布ナプキンの品質の改善点についてSORAKへフィードバックする。
   
活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。


  *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。





*GBNのFacebookページはこちら