ラベル 活動紹介 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 活動紹介 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年12月9日日曜日

【女の子の教育環境改善】生徒から生徒へ行う ジェンダー啓発

株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!

ジェンダー啓発のトレーニングに参加する生徒達

今回のご報告は、20185月に実施した月経衛生クラブによる「ジェンダー啓発」活動のご報告です。

クラブ活動の目的は、各学校(対象校3校)の生徒で構成される‘月経衛生クラブ’のメンバーが主導して月経時の衛生管理・ジェンダー啓発・性教育について他の生徒へ啓発していく事です。

前回、各クラブの生徒は、月経時の衛生管理、ジェンダー啓発、性教育についてトレーニングを受けました。

今回はトレーニングを受けたクラブのメンバー(生徒)から他の生徒へ「ジェンダー啓発」を実施しました。

月経衛生クラブによる発表内容の準備

トレーニングを実施

トレーニングから学んだ事を板書

議題は以下です。
  • 「ジェンダー」と「性」の違い
  • ジェンダーの特性の例
  • ジェンダー(男女差)による役割と責任の違い
  • 生徒達の役割
  • 教師/教育者の役割


活動の成果
  • 活動を通して生徒達はジェンダーと性の違いを認識できる様になった。
  • 月経衛生クラブの子ども達は、ジェンダーと性の違いについて明確に話せていた。
  • トレーニング終了後に、生徒達はジェンダーによる異なる役割や責任について自由に述べる事ができる様になった。
  • 月経衛生クラブの子ども達は、ジェンダー啓発における彼らの役割、また女子生徒の性的暴力に対抗する推進者・主張者として行動する事を他の生徒達に説明できた。
  • ジェンダーへ配慮した教育環境を確保する役割と責任について、教員に対しても再認識させることができた。


活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。
活動 2-2-1 生徒から生徒へ行う ジェンダー啓発

  *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2018年12月6日木曜日

【イベント報告】ソーシャルスタンド #42 ウガンダを知る、考える

皆さま、こんにちは!Global Bridge Network(GBN)です!

12月2日(日)に、 ソーシャルスタンド様と共同で「ソーシャルスタンド #42 ウガンダを知る、考える」というイベントを開催しました!
イベント中の様子。
ウガンダ産チョコレートとドライパイナップルをつまみながら♪

今回のイベントは、少人数制でウガンダのことを知ってもらう機会ということで、GBNからもウガンダの情報をお話ししつつ、参加者の方々からのご質問にお答えもしながら、ウガンダのことが少しでも多く伝わるような時間にさせていただきました。

ウガンダの文化、食べもの、課題、おすすめスポットなど話題は尽きず、あっという間の2時間!
当日は2名のウガンダ人も参加してくれたことで、より現実味のある話を聞く機会になりました。
流暢な日本語とユーモアを交えて、ウガンダのことを語ってくれました!

ご参加くださった皆さま、ソーシャルスタンド様、ありがとうございました!

今後もGBNでは様々な企画を検討中です。
どうぞお楽しみに!



*GBNのFacebookページはこちら

2018年12月3日月曜日

【環境保全】 学校の子どもを対象に環境教育と啓発キャンペーン

皆さま、こんにちは!Global Bridge NetworkGBN)です。 

「ウガンダのムベンデ県にてレモングラスの栽培拡大と環境教育による環境保全事業」について、今年度2回目の活動報告です。

小学校にて啓発キャンペーン


20186月に実施した「活動1.6学校の子ども達向けに実施した環境教育と啓発キャンペーン」について報告します。

ムベンデ県内の16校、約8000名の生徒を対象に環境教育と啓発キャンペーンを実施しました。

<キャンペーンの目的>
  • 子どもに対し、あらゆる環境保全対策を通じて、環境を大切にする重要性を伝えること。
  • 学校に対し、植林、レモングラス栽培、環境保護の法律策定等、学校を通して環境保全に取り組む意識を高めてもらう事。






今回のトレーニングでは以下の成果と提案が上がりました。

I.  子ども達は、環境保護に関する校則を破ると罰則に繋がる事を認識した。
II. 子ども達は、両親にも環境保護の大切さをわかってもらうため、学校で学んだ事を両親に共有する事を約束した。
III.  教員は、学校や地域社会で環境保全につながるの学校への苗木の提供について感謝の意を表した。
今回のトレーニングでは、子ども達だけでなく教員にも環境に関する意識を高める機会となりました。
また、学校でも環境に関する校則を強化し、環境保護に関する取り組みを積極的に行う機会となりました!

活動詳しい内容はこちらをご覧ください。
プロジェクトは独立行政法人 地球環境基金様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2018年11月4日日曜日

【女の子の教育環境改善】生理用布ナプキン啓発と普及に向けた地域での会合


株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!


生理用布ナプキンの利点を説明している。


13地域で会合を開き、布ナプキンに関する情報共有と、ナプキンの購入・使用を促しました。

活動の目的は、SORAKで作成した布ナプキンを普及させる事、また女子生徒の両親・保護者に対して、女子生徒が生理になって学校を欠席しなくてすむように、保護者として月経時の衛生管理をきちんと教える責任があることを自覚してもらうことです。

生理用布ナプキンの使い方を説明している様子

熱心に耳を傾ける地域の人々


会合の議題
      月経時の適切な衛生管理の概要 
      女子生徒へ衛生管理について教育を行う親の役割
      SORAKの布ナプキンの紹介
      布ナプキンを使う利点
      布ナプキンの使用方法
活動の成果
      参加者は月経時の衛生管理を徹底する事を約束し、また不衛生な生理用品を使う危険性/リスクについて学んだ。
      女子生徒の親は、娘に生理用品を与える親としての責任を認識し、生理中の子供たちをサポートする事を誓った参加者もいた。
      会合時に15枚のナプキンが売れた。また、積極的は参加者に布ナプキンを5枚ほど寄与した。
      各地域(13地域)に一人、布ナプキンの販売を担う人を選出し、布ナプキンが必要な顧客を見つけ、布ナプキンの品質の改善点についてSORAKへフィードバックする。
   
活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。


  *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。





*GBNのFacebookページはこちら










2018年10月1日月曜日

【女の子の教育環境改善】販売用の生理用布ナプキンの生産販売


株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!


SORAKの作業所にて生理用ナプキン生産

本日は、「生理用布ナプキン作成・サプライチェーンと地域への普及」活動として、SORAKの作業所での布ナプキン作成開始について報告します。

活動の目的は第1期プロジェクトで建設した作業所にて布ナプキン作成を開始し、地域の人々が購入できる価格帯で販売することで、売上を材料の購入等に充当し、活動を継続することです。また、生理用布ナプキンを低価格で提供することにより、より広範囲に布ナプキンが普及し、女子生徒が生理中でも通学できることを目的としています。

理用布ナプキンで使用するコットン(脱脂綿)

作業所にて布ナプキンの裁断

作業所にてボタン押し機でボタンの設置


ナプキンの梱包


SORAKが生産した ‘Happy Pad’(生理用布ナプキン)が完成しました! 

オリジナル商品:生理用布ナプキン「Happy Pad」



より多くの女の子たちが学校に通えるよう、引き続きプロジェクトを実施していきます。


活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。


 *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。




*GBNのFacebookページはこちら

2018年9月16日日曜日

【環境保全】 女性/青少年へのレモングラス栽培と環境保全トレーニング


皆さま、こんにちは!Global Bridge NetworkGBN)です。 

「ウガンダのムベンデ県にてレモングラスの栽培拡大と環境教育による環境保全事業」について、今年度(2018) ‘初’の活動報告です。


環境保全としてのレモングラス栽培の重要性について説明するSORAK代表



本事業も無事に2年目に突入し、活動は順調に進んでいるものの、多くの場所で害虫の影響で栽培したレモングラスが枯れてしまうという被害があったとの報告がありました。


そうはいっても、プロジェクト自体は順調に進んでいます!


さて、今回は20185月に実施した「女性/青少年へのレモングラス栽培と環境保全トレーニング」について報告します。


行政区2か所で2回ずつ実施し、それぞれ男性43名・女性118名の計161名が参加しました。圧倒的に女性が多いです。

<トレーニングの内容>
  • レモングラス栽培は女性と青少年層の関わりが必要不可欠であること。
  • 環境保全関連の法律(規制)の強化の必要性。
  • 参加者が環境保全における自分たちの役割を自覚する必要性。
  • レモングラス栽培の重要性。


熱心に耳を傾ける参加者



今回のトレーニングでは下記の成果が上がりました。
  • 参加者にレモングラス栽培だけでなく、植林などの環境保護活動に取り組むように促した。
  • 行政区の指導者達に対し、環境悪化に繋がる行為を監視する役割を担わせた。
  • 参加者全員が、湿地帯への侵入や森林伐採など、環境に関する法を犯した者への厳しい処罰を下すことに同意した。


今回のトレーニングでは、それぞれの地域で引き起こされた環境破壊の問題について話し合い、環境に関する法規制について、参加者が再確認する機会になりました!



プロジェクトは独立行政法人 地球環境基金様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2018年9月2日日曜日

【女の子の教育環境改善】生徒による「月経衛生クラブ」の設立

株式会社ラッシュジャパン様のからの助成による、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目の報告の続きです!

本日は、活動2-1「生徒による『月経衛生クラブ』を設立し、月経時の衛生管理について指導できるトレーナーの育成」(20183月)の報告です。


月経衛生クラブのメンバーにふさわしいと思う生徒の名前を挙げる生徒達

 『月経衛生クラブ』とは、月経時の衛生管理・性教育・ジェンダー啓発活動を生徒たち自身で行うクラブ活動のことで、Child-to-Child アプローチを用います。

注)Child-to-Child アプローチとは、子ども達が自ら身につけた知識や技術を、同様の環境にいる子ども達にも伝授していくことです。

学校教員の協力の下、クラブ活動として定着させることで、プロジェクト終了後も布ナプキンの作り方や月経時の衛生について伝授し続けることを目的としています。

今回は、各対象校3校にて、『月経衛生クラブ』のメンバーの選抜(女子8名、男子4名)を行いました。

クラブのメンバーの選抜は、第1期でトレーニングを受けた生徒を中心に、立候補や推薦を行いました。その結果、活動1-1生徒から生徒へ行う月経時の衛生管理トレーニングを受講した生徒のうち80%がクラブのメンバーとして選抜され、他の20%の生徒はトレーニングを受けていないが、コミュニケーション力、能力、積極性が優れており、選抜されました。

立候補、または推薦のため手を挙げる生徒達

クラブの役割と責任について説明するスタッフ

選抜されたメンバーのグループ写真



『月経衛生クラブ』の責任として、以下のような活動も含まれます。
  • 月経時の衛生管理の実施:月経に関わる問題に対する意識を高める活動や、他の生徒の相談にのるカウンセリング、そして布ナプキン作成の指導をする
  • ジェンダー、性教育、そして性と生殖に関わる健康と権利(リプロダクティブ・ヘルス・ライツ)についての研修の実施
  • 自分たちが作った布ナプキンの販売先を地域の市場や学校内で探す。


活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。

 *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。




*GBNのFacebookページはこちら

2018年7月5日木曜日

【女の子の教育環境改善】生理用布ナプキン作成と月経時の衛生管理トレーニング

株式会社ラッシュジャパン様からの助成により、「生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業(ウガンダ共和国)」の2期目がいよいよ始まりました!

トレーニングを受けた生徒たち

本日は、活動1-1「生徒から生徒へ指導するための、生理用布ナプキンの作成・月経時の衛生管理トレーニング」(20183月)の報告です。

今期は、第1期で実施した活動を「定着」させること、そしてさらに広範囲に「生理用布ナプキン」を普及させることにより、多くの女子生徒が継続して学校に通えるよう尽力します。

今回、私たちはChild-to-Child アプローチ(子ども達が自ら身につけた知識や技術を、同様の環境にいる子ども達にも伝授していくこと)という手法を活用します。生徒自らが他の生徒に生理用布ナプキンの作り方を指導できるようにするためのトレーニングです。

本トレーニングには、第1期で布ナプキン作成トレーニングを受講した生徒を中心に、対象校3校から女子12名、男子6名、合計18名の生徒が参加しました。

トレーニングのテーマ
  • 再利用可能な生理用布ナプキンの作成
  • 月経に関する一般的な知識
  • 月経の周期サイクル
  • 月経の兆候・症状/特徴
  • 生理痛や他症状と、生理痛を改善する自然療法
  • 月経時の衛生管理



月経時の衛生管理について発表する男子生徒

布ナプキンを作成中(男子生徒もしっかり学んでいます!)

布ナプキンの使い方を説明する生徒たち


トレーニングの成果
  • 18名全員(女子12名、男子6名)が、ひとり2つずつ布ナプキンを作成することができた。
  • 生徒たちは月経にまつわる神話・症状や周期、またそれにどう対応すればいいのか、その概要について自信を持って(生理について言及するのはタブーという慣習がある)自由に説明することができるようになった。
  • 参加者は、使用済みナプキンの適切な破棄方法、洗い方と乾かし方、同じナプキンを12時間以上使用しないことなど、月経時の適切な衛生管理方法を説明することができるようになった。


本セッションを受講した生徒たちは、それぞれの学校にて他の生徒たちへトレーニングを実施します!

活動のレポートはこちら⇩をご覧ください。

 *このプログラムは、株式会社ラッシュジャパン様からの助成により運営しております。



*GBNのFacebookページはこちら

2018年6月20日水曜日

活動報告: Sanyu! No.2 (2018年6月9日)

皆さま、こんにちは! Global Bridge Network(GBN)です。

6月9日(土)に、Sanyu! No.2を開催しました!
昨年8月に開催したSanyu!の第2弾イベントです。

Sanyu(サニュ)は、ウガンダの言葉でHappyを意味します。アフリカには貧困など様々な課題がありますが、一方で身体が自然と踊り出すようなダンスや力強い太鼓、おしゃれな雑貨など親しみやすい面がたくさんあります。

アフリカのそうした一面を感じていただきながら、真面目に・楽しくお伝えするのが今回のイベントの目的です。


当日の会場の様子。
浜松町にあるアフリカンレストラン、カラバッシュ様にて開催しました!
(撮影者:卯月)

ウガンダの伝統衣装、カンズー(中央の男性)。
女性の伝統衣装のゴメス(ピンクの洋服を着た女の子)と
アフリカの布(チテンジ)で作ったワンピースを着た、
かわいい姉妹もお越し下さいました♪
(撮影者:卯月)

当日は、GBNの活動紹介、ウガンダの文化紹介、ジャンベ(アフリカの太鼓)とアフリカンダンスショー、ライブペイントショー、最後にウガンダの音楽に合わせてダンスを来場者の皆さんと踊るというプログラムでした!

日本人のみならず、アフリカの方々も含め40名ほどのお客様がお越し下さり、大盛り上がりのイベントとなりました♪

GBN活動紹介
(撮影者:卯月)

ウガンダの文化紹介
(撮影者:卯月)

ウガンダにまつわるQ&Aセッション
 Arafatくんが自分で作ったクイズを出して盛り上げてくれました!
(撮影者:卯月)

TEEJさんのライブペイント
インスピレーションで素敵な絵を描いていただき、
さらにダンスまで踊っていただきました!


アフリカンたいこ教室Djembe Playersの花岡さんと皆さま
迫力満点で身体も自然と動いてしまいます♪
(撮影者:卯月)
ダンスと太鼓
息の合った太鼓とダンスを披露しました
(撮影者:卯月)

花岡さんの太鼓演奏
(撮影者:卯月)

花岡さんの太鼓演奏とAtsukoさんのダンス
花岡さんの太鼓の音とAtsukoさんのダンスは圧巻でした!
(撮影者:卯月)
ウガンダの音楽に合わせたダンスタイム
(撮影者:卯月)
ノリノリのウガンダ人のみんなに合わせて
(撮影者:卯月)
参加者全員でウガンダの音楽とダンスで大盛り上がり!
(撮影者:卯月)

前回に続き、今回も快くコーディネートをつとめて下さったStudio BarjaraのAtsukoさん、
イベントの計画からMCまで務めて頂いたUganda Diaspora Japan (在日ウガンダ人の会)のYamaguchi さん、
素敵な太鼓の演奏をしてくださったアフリカンたいこ教室のDjembe Playersの花岡さんと皆さま、
ステキな絵を生で描いて下さったアーティストのTEEJさま、
Studio Barjaraのダンサーの皆さま、
お手伝いに来てくれたウガンダ人のArafatさん、Raffさん、Preciousさん、
本当にありがとうございました!

司会を手伝ってくれたYamaguchi さん
(撮影者:卯月)

通訳を担当したRaffさん
(撮影者:卯月)

会場を盛り上げてくれたArafatくんとPreiiousちゃん
(撮影者:卯月)

アフリカン雑貨の物販コーナーを手伝ってくれた
ウガンダの元青年海外協力隊のお二人。
ありがとうございました!
(撮影者:卯月)

そして、参加していただいた皆様、本当にありがとうございました!

皆さま、‘Sanyu’な気持ちになっていただけましたでしょうか。

笑顔で「楽しかった!」と言ってもらえたことが私たちにとって何より嬉しいことです。

第3弾もぜひ企画したいと思っておりますので、また皆さまとお会いできることを楽しみにしています!

TEEJさん作
完成した素敵な絵 

引き続き、GBNを宜しくお願い致します。 



*GBNのFacebookページはこちら