ラベル スタッフ関係 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スタッフ関係 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年1月2日木曜日

GBN代表 大西2019年ウガンダ現地視察メモ


20191028

1.月経衛生管理クラブ-ルワウナムスリム小学校の訪問

学校の先生からの報告:

•副校長マダムビイラより、月経衛生クラブを担当して下さったジュディス先生が亡くなったため、男性教員であるウィルソン氏が月経衛生管理クラブと一緒に働き、その後新しく選出されたシニア女性教師ナルレ・ファリダさんが月経衛生クラブの担当になったと報告された。
•昨年設置した女子の着替え部屋はまだ良い状態である。
SORAKから寄付していたミシンは現在も活用されている。



クラブの生徒たちへのインタビュー

Qハッピーパッド再利用可能な生理用ナプキンの利点は?

•ハッピーパッドは、適切な衛生状態を維持する。

•布ナプキンは洗って再び使えるので費用がかからない。

•布ナプキンの利用で悪臭を防げる。





Q再利用可能な生理用ナプキン生産の課題は?

•トレーナーの数が十分でない

•再利用可能な生理用ナプキンを作るための材料が高い。

•同じナプキンを1年以上使用し続けると、体に良くない。

•私たちはクラブや学校に非常に多くの生徒がいるけれど、ミシンの台数が足りない(1台しかない。)

•材料が十分ない

Q:課題はどうやって克服できますか?

•多くのトレーナーを訓練させる。

•同じナプキンを長期間使用しない。

•ナプキンを作るのに十分な材料を提供する。

•ミシンを追加する。



Q:その他のクラブの課題は?

SORAKが生産しているHappy Padのような高品質なナプキンは作れないので、自分たちが作るナプキンを売れる市場があまりない。

•月経衛生管理クラブにいる男の子は仲間の男の子にいつも笑われる。

•クラブの生徒は、再利用可能な生理用ナプキンの作り方を学ぶため、常に他のメンバーにクラブへの参加を呼びかけているが、ナプキンを作るためのトレーナーとミシンが不足しているため、ナプキン作りの学習者が減った。

今後の予定

•視察に参加したPeace Corpボランティアのエディさんは、ルワウナ小学校の月経衛生に関するセッションに参加し、サポートすると述べた。

SORAKの代表ムハマド氏は、SORAKHappy Pad作りをしているBabiryeさんをルワウナ小学校に派遣して、裁縫訓練をすると伝えた。

•また、ムハマド氏は、学校に再利用可能な生理用ナプキン作りの資材を入手するためのつてを取得するようアドバイスした。

•ムハマド氏はまた、MHMクラブのメンバーにより多くのナプキンを生産し、梱包とボタン留めをしにSORAKオフィスに持ってくるようアドバイスした。

•副校長マダムビイラさんは、生産の機会が増えた場合には、SORAKはより多くの教師にスキルを習得させるべきだと述べた。

SORAKスタッフのシャミムは生徒にナプキンを大量に作成して、学校管理者が展示会を開催し、布ナプキンのマーケットを拡大するようとアドバイスした。

•教員チャールズは、一次退学試験の後の卒業後でも継続的な支援を求めた。



2.カサアナ女性グループ

生理用布ナプキントレーニング後のモニタリング

~話し合われた内容~



•トレーニング後、女性たちは子供たちが自身で再利用可能な生理用ナプキンを作ることを奨励した。

•女性たちはトレーニング後、以前と比べて子供たちと一緒に生理について自由に話すようになった。

•女性グループは毎週日曜日に会って、再利用可能な生理用ナプキンの作り方を学んでいたが、ナプキン作りのための材料が不足している。

•ある女性教師より、再利用可能な生理用ナプキンの材料費が高いと指摘があった。

•個々のメンバーの声

-        ナプキンは非常に快適に使用でき、再洗浄して再利用できる。

-        ナプキンは長く使えるのでお金を節約できる。

-        ナプキンを作って村で売っていたが、材料がなくなった。

-        13組のナプキンを取り、それぞれUGX 6000で販売している。

-        20個のナプキンをコミュニティで販売した。

-        ナプキンを多く生産して売りたい。




•女性グループより、「SORAKが再利用可能な生理用ナプキンを作るための材料をどこで入手するか」と尋ねられ、上記の質問を受け、GBNの大西より「SORAK事務所で素材をストックし、必要に応じてコミュニティの女性に販売する」ことを提案。

SORAK代表のムハマド氏は、女性がナプキン作成に古着を使うことを衛生的に避けることを勧めた。

•大西より、女性グループのメンバ―全てに、SORAKが生産した再利用可能な生理用ナプキン‘ハッピーパッド’の販売エージェントになるようにリクエストした。

•女性メンバーより「ハッピーパッド再利用可能な生理用ナプキンのエージェントとしての資本がない場合はどうしたらいいか」尋ねられ、SORAK代表は「いつでもクレジットで受け取って、ナプキンをコミュニティに販売した後、お金を払い戻すことができる」と答えた。

•上記を受け、みんなでハッピーパッドをグループとして販売することが提案された。
•あるメンバーは、「SORAKが治癒を避けるために赤ちゃんにもハッピーパンパーズ(再利用可能なオムツ)を生産することができるか」と提案し、大西より「来年以降のプロジェクトとして、再利用可能な生理用ナプキンと同時にオムツも製造および販売する」よう提案した。

•最後に、地域の議長が訪ねてきて、SORAKが女性に再利用可能な生理用ナプキンの作り方を訓練しているのを知り、カサアナにプロジェクトの紹介し来てくれたことに感謝し、また女性が主導権を握って学ぶことを奨励した。

女性グループよりお礼のダンス ↓




20191029

3. Ntungamo公立小学校環境保護クラブの視察




•学校のジュリアス教頭先生より環境クラブの生徒たちの助けを借りて校内に木を植えたと説明があり、SORAKスタッフ、GBNの大西、および学校のスタッフは、植えられた木と学校の庭を見に、学校の周りを視察した。










•学校の校長先生は、環境保護クラブには訪問者向けの発表と詩があると述べ、生徒たちのところに行った。SORAKのスタッフとGBNの大西は、学校全体の前で自己紹介をし、SORAK代表は、グローバルブリッジネットワークについて紹介した。



•小学校2年生が環境保護に関する詩を発表した



•小学校6年生もプレゼンテーションを行い、環境を保護するために女児と男児を支援してくれたSORAKに感謝した。
•彼らはまた、私たち全員が環境をより良い場所にするために一生懸命働くことについて歌を歌った。





•彼らはまた、両親がさまざまな障害の少女、無声の女児の教育を支援することについてパフォーマンスをした。
•大西は環境を保護した生徒に感謝し、他の生徒たちにも環境保護のプロセスに参加するよう奨励した。





•クラブのメンバーより

-        庭からポリエチレンバッグも拾っている

-        家畜がそれらを破壊するのを避けるために木の周りに棒を作った。

-        もっと木が必要

-        クラブの会員は、毎週金曜日に会い、木の世話をする。

-        成果を祝うパーティーをやりたい。

SORAKの代表ムハマド氏は、祝賀会の場合、SORAKを招待してほしいこと、我々も何かを寄付すること、音楽システムを提供すること等述べた。



クラブのメンバーからの質問

・環境保護クラブのメンバーにTシャツや制服を提供することは可能か?

・私たちの活動のために長靴を入手することは可能か?


その他

・クラブのメンバーと学校が環境を保護する方法についての文書を現地語で書くことが提案された。

・校長より特に道路の脇から木や作物が破壊されるのを防ぐためにフェンスが必要と訴えられた。

・校長は訪問者に支援のことに感謝し、より多くの機会がある場合、学校への支援も含めてほしいと述べた。


最後に

・クラブのメンバーは、訪問者の大西に感謝としてキャベツが贈呈された。

・校長はGBNの大西に学校への支援に感謝し、彼女に安全な良い旅をするようにと伝えた。


クラブの生徒達が作ったキャベツをいただきました!

2019年の現地視察メモは以上です!

この視察を踏まえ、次年度はより良い支援とより多くの子どもたちの支援ができるように頑張りますので、2020年も何卒よろしくお願いいたします。





*GBNのFacebookページはこちら



2019年12月29日日曜日

モビライザーのArafatです!


私はウガンダから来日して、日本の高等専門学校で建築学士を取得し、現在建築の現場監督として働いています。趣味は料理を作ることで、特にウガンダ料理が好きです。国際関係に関しては、ウガンダ大使館で立ち上げられた団体Uganda Diaspora Japan(UDJ)のメンバーとして、モビライザーと人事 のディレクターとしての活動をしています。その影響で、ウガンダ大使館と交流する機会が増え、大使館のさまざまなイベントや活動により、ネットワークを広げることができました。


 Global Bridge NetworkGBN)のメンバーになるきっかけは、私がボランティア活動をすることに対する情熱があったことと、周りの人々を笑顔にするのが好きなこと、国際関係を知り、受け入れ、新しい人々と交流することなどです。私の情熱は、GBNの目的の1つに沿ったものであり、メンバーになることへの関心を高めました。これは本当に光栄なことだと思います。

GBN代表の大西麻衣子さんの主導の下で、GBNは孤児、学生、住民の方々の支援やソーシャルビジネス、国際的なコミュニケーションなどを通じて、異文化理解と相互協力を人々に提供することで様々な成果を上げています。



GBNが開発している教育、環境、医療/健康、衛生、収入改善などの支援活動は、特に子供たちと地域住民の生活環境の改善に焦点を当てています。これは子どもたちが国の未来であり基盤であるからだと思います。国の将来は、子どもがどのような教育を受け、成長する環境に応じて変化する可能性が最も高いからです。

私はアフリカ人として、このような機会がどれほど貴重であるのか、その価値はわかります。それは国の発展にとって重要であり、社会の幸福、経済成長と安全、男女平等と平和の基盤を築くのに役立ちます。

私が一緒に活動しているUDJの組織も、特に発展途上国の農村部での健康と衛生の促進と貧困との闘いを通じて普遍的な価値を達成することを支持し、取り組んでいます。 そのような経験から、GBNのような団体の努力は、ウガンダ人、アフリカ大陸、そして世界全体に大きな利益をもたらすと確信しています。

私の経験に基づいて、人々が生活を改善し、さまざまな活動を行うことを通じて、モビライザーとして 日本とアフリカ諸国のGBNのプロジェクトに貢献したいと思います。





今後ともGBNへの継続的なサポートに、宜しくお願いいたします!

セキット・アラファト




*GBNのFacebookページはこちら



2019年9月6日金曜日

事務局長に就任した横田です!

私が国際協力に興味を持ったのは、小学校の低学年でした。テレビでアフリカの子どもたちが飢餓や病気で亡くなっているというのを見て、同じ子どもとして衝撃を受けました。子どもなりに、苦しんでいる子どもたちを助けたいと思い、お年玉の一部をユニセフに寄付し始めました。ユニセフで将来働くには、国際関係学・国際政治の勉強が必要だ!とその当時は単純に思い、大学では法学部政治学科に進みました。そこで、〈生存と共生の政治社会学〉を統合的な研究テーマとする栗原彬先生と出会い、水俣病や沖縄等の事例から公権力と生存権の対立について学びました。そして国内外を問わず、『社会的な弱者』に寄り添う亊、社会の不条理に立ち向かうことが人生のミッションになりました。アメリカの大学院で国際政策学の修士号を取得、その大学院で代表の大西麻衣子さんと出会いました。

大学院の卒業式 2008年 (右:横田)

大学院を卒業後、アフリカ・モザンビークを支援する日本のNGOに所属し、2009年にモザンビーク事務所長として現地に赴任する事になりました。現地NGOと共に平和構築活動、教育支援、職場訓練、フェアトレード商品の開発、コミュニティ開発に従事しました。2012年からは、モザンビーク北部を拠点とする日本のベンチャー企業の社員として、農業、バイオ燃料、農村金融のプロジェクトに携わり、食・エネルギー・金融の地産地消を目指しました。

モザンビーク北部での農業プロジェクト。 農民から買取ったお米出展した時の様子。

アフリカ駐在の9年間はトラブルや困難と格闘する日々でした。現地スタッフとのポルトガル語のコミュニケーションに苦戦したり、1か月間停電したり、水が長期にわたり水道から出なくて毎日運搬したり、マラリアやデング熱にかかったり、大切な同僚が亡くなったり、悲しい事や苦しい事も山ほどありました。


それでもアフリカの人々の生命力や明るさ、助け合いの心、困難に立ち向かう力に救われ、励まされて乗り越える事が出来ました。アフリカに居ると、人間らしさ、生きている実感、サバイバル力という日本では忘れている人間本来の感覚が蘇ります。そんな大切な生きる力と知恵を思い出させてくれるアフリカに私は魅了されています。

モザンビーク南部のボンドイア村の子どもたち。

これまでのモザンビークにおけるプロジェクトの経験を活かし、GBNの事務局長としてウガンダをはじめとするアフリカの国々においてプロジェクトを展開し、人々が生活を向上する手助け、自立に寄り添っていきたいと思っています。そして、様々な活動を通じてアフリカの素晴らしさを広めていきたいと思っています。今後ともGBNへのご支援のほど、宜しくお願いいたします!


 横田 美穂



*GBNのFacebookページはこちら


2019年6月23日日曜日

祝☆GBN設立3周年を迎えました!



皆さまこんにちは!
Global Bridge NetworkGBN)の大西です。

GBNが発足して早3年目に突入しました!

年次報告はこちらです⇩

国際支援としてアフリカ・ウガンダで実施しているプロジェクト「女の子の環境改善」は軌道にのり、生理で学校に行けなくなる女の子たちが学校に通えるように生理用布ナプキン「Happy Pad」という商品ができました。

生理用布ナプキン’Happy Pad’

’Happy Pad’でみんな'Happy’


そして、「環境保全と地域活性化」では、レモングラス栽培を通しての環境保全とエッセンシャルオイル生産に加え、新たに「環境にやさしいブリケット炭」(生ごみ等の有機廃棄物から製造される炭であり、煙や煤を排出しない)の生産がスタートしました。

ブリケット炭の完成!


現地の視察時(2018)に作成した動画をご覧ください!
国内での国際交流促進事業では、東京都練馬区をはじめ、様々なイベントに出展させていただき、またアフリカンダンスや太鼓などのイベントSanyu2も開催できました。

皆でダンスタイム!

現地のパートナ団体SORAKのスタッフであるハディジャが今年(2019)の3月末から来日し、那須塩原にあるアジア学院にて9か月の農業のリーダーシップトレーニングを受講しています。

アジア学院で作業中のハディジャさん
彼女の来日にむけて微力ながらサポートさせていただきましたが、今現在(20196月)も新しい農法を習得し、ウガンダでオーガニックを広めたいと張り切っております。彼女が学んだことを現地で活かせるよう、今後もサポートしていきたいと思っています。


私事ですが、私の所属会社である株式会社ECSより、CSRとして社員である私の活動をHPで紹介していただきました。→ CSRページ


毎日忙しく、なかなか自分が思うように動けず、日々葛藤、奮闘の毎日ですが、こうやって3年目を迎えることができたのも、皆さまのご理解やサポートあってのことです。


3年目となる今年度は新たなメンバーも加わり、また新たなことにもチャレンジしていきたいと思っております。


また、今年度より、各月で定例ミーティングを始めました。ボランティアなど興味のある方はぜひお問合せください。

引き続き、皆さまのご支援・ご協力をいただけましたら幸いです。
これからも、GBNをどうぞよろしくお願いいたします。

Global Bridge Network
大西 麻衣子

*GBNのFacebookページ* https://www.facebook.com/globalbridgenetwork/

*GBNのFacebookページ*



2018年6月24日日曜日

祝☆Global Bridge Network設立2周年!!



皆さま、こんにちは!
Global Bridge Network (GBN)です。

GBNを設立して、早2年が経ちました!!
昨年スタートしたプロジェクトも、今年度は無事に2期目に入りました!!嬉しい限りです!

アフリカ・ウガンダで国際支援として実施しているプロジェクト「女の子の教育環境改善」や「環境保全と地域活性化」は、私たちのパートナー団体である現地NGOSORAKが日々尽力しており、順調に進んでいます。この活動を支援してくださっているLUSHジャパン様と地球環境基金様に大変感謝しております!

昨年度の年次報告を是非ご覧ください! ↓↓↓↓↓

女の子の教育環境改善プロジェクトの様子

環境保全と地域活性化プロジェクトの様子。
中央の植物がレモングラス。

現地でプロジェクトを実施する際に最も重要視していることは、現地の人たちの‘ニーズ’です。
それを一番把握しているのは、私たちのパートナー団体SORAKだと思っています。
地域の人たちと、一番近い距離で毎日奮闘している…だからこそ、現地にも受け入れられる。そして、それが成果にも繋がるのではないかと思います。


SORAKのスタッフ。
仲の良さ、お互いの信頼関係が伝わってきます!
SORAK代表のMuhammad氏。
SORAKの事務所に併設した布ナプキン製作所に
GBNのロゴをいれてもらいました☆

先日、現地スタッフのHadijahより、生理用布ナプキン作成の事業が順調で、仕事が楽しいと話してくれました。現地スタッフのモチベーションもとても重要なので、何より嬉しい言葉でした!

また国際交流事業では、‘ウガンダナイト’や‘Sanyu!’といった、国際交流イベントを他団体の方々の協力もいただきながら実施しました。

GBNの活動やウガンダの文化をウガンダの飲み物や軽食と共に紹介したり、ウガンダ出身の方たちと交流する機会を設けたり、アフリカンスタイルのダンスや太鼓のパフォーマンスを通して、アフリカを少しでも身近に感じて頂けるようなイベントを運営しました。
お越しいただいた皆さまが笑顔で過ごしてくださっていたことがとても印象的です!


NPO法人Connection of the Children(CoC)様との共同イベント「ウガンダナイト」
CoC様の拠点であるCASACO(カサコ)の近隣住民の皆さまなど、
多くの方がお越しくださいました♪

Sanyu!第1弾でのアフリカンダンス♪

ウガンダナイト活動報告はこちら♪

Sanyu!活動報告はこちら♪

今年度は、実施しているプロジェクトの継続(2期目)とさらなる拡大を目指します。
また、皆さまにも楽しんで頂けるイベントも引き続き開催しますので、是非ご参加ください!

やりたいことはたくさんありますが、まずは確実にできることを行う、そして継続していくことを大切に、一つ一つ着実に進めていきたいと思います。そして、皆さまから頂くご意見やアドバイス大切に、これからも成長していきます。


今後とも、皆さまからのご指導・ご支援を頂けますと幸いです。

これからもGBNをよろしくお願い申し上げます☆

Love&GBN

*GBNのFacebookページ* https://www.facebook.com/globalbridgenetwork/

*GBNのFacebookページ*

2017年6月27日火曜日

GBN設立1周年のご挨拶



皆さま、こんにちは!
Global Bridge Network (GBN)の大西です。

GBNを設立して、早1年が経ちました!!


振り返ると、NPO法人登録など事務的なことから、様々な準備に追われ、できることからやる、をモットーに走ってきた一年でした。1年前の今頃は、今後どうしていくか話し合いを重ね、私たちの思いがどれだけ実現できるのか、何もかも手探りでした。そして一年が経った今、こうして新しいプロジェクトが動き、イベントも開催でき、着実に形になってきたのは、本当に皆さまのご協力のおかげだと思います。



現在アフリカ・ウガンダで実施している国際支援プロジェクト「女の子の教育環境改善」や「環境保全と地域活性化」はLUSHジャパン様や地球環境基金様からの助成金によりスタートすることができました。このプロジェクトは私たちのパートナー団体である現地NGOSORAKが実施しており、彼らなしでは実現できなかったと思います。



また、NPO法人Connection of the Children(CoC)とコラボした「アフリカンナイト」、様々な分野の人が集まるイベント「八景の色々ないちにち」にも出店させていただき、少しずつ私たちの活動を知って頂く機会も作れたこと、また参加して下さった皆さまに楽しんでいただけたことは本当に嬉しく思います。



今年度は、引き続きウガンダ現地の支援を行いながら、今実施している取り組みを継続させること、そうした取り組みを別の地域にも拡大していくことを予定しています。また孤児の支援など、新しい事業も始められればと思っております。



また、7月には「ウガンダナイト」というイベントを横浜で開催しますので、ぜひぜひお越しください!(詳細は別途Facebookやブログ、HPでご連絡します。)



また個人的な繋がりにより世界的に有名なミュージシャンを日本に呼んでコンサートを行うことも計画しています。これは実現の可能性が見えた段階でお知らせしますので、楽しみにしていてくださいね。



最後に、フルタイムの仕事を別に持ちながらGBNの事もこなすのは正直大変ですが、同時にこれがあるから頑張ろうと思える自分もいます。走り続けてゴールはどこにあるのかとも思いますが、続けるためにはこれで良いと満足しないことかなと個人的には思っています。ですので、時々休んだり、歩いたりもしますが(←作業が追い付かない時もあり… ^^;)、何より継続することが大切だと思っております。

GBNは皆さまのおかげで続けられるところもありますが、皆さまにとっても思いを実現できる場でありたいと思っています。まだまだ至らない点だらけだとは思いますが、これからも成長を見守っていただき、引き続き皆さまからのご支援・ご協力を頂けますと幸いです。



これからもGBNをよろしくお願い申し上げます。

大西麻衣子



*GBNのFacebookページ* https://www.facebook.com/globalbridgenetwork/

*GBNのFacebookページ*

2016年11月19日土曜日

Global Bridge Networkを立ち上げた代表 大西の紹介!


初めまして。Global Bridge NetworkGBN)を設立した大西です。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます!
自己紹介も兼ね、私がGBNに懸ける想いを皆さまにお伝えできればと思います。


ウガンダでの一コマ。


*国際開発との出会い*

大学在学中にネパールで学校建設の国際ボランティア活動に参加したことが最初のきっかけでした。電気もガスも水道もない僻地の村で生き生きと生活している子供たちの笑顔や、貧しくとも互いに協力して生活している村人の姿に感銘を受けたと同時に、心に残るある出来事がありました。

一人の母親が酷いやけどをした小さな子供を連れて、治療費を出してくれと私のところにやって来たことでした。当時学生だった私にお金の余裕などあるはずもなく、何もできない自分が情けなかったと同時に、このような貧困地帯では適切な医療や福祉を受ける手段がないことを痛感しました。

この出来事をきっかけに、貧困に苦しむ人々の生活改善のために何ができるのだろうか、何か貢献したいということが私の目標になりました。先進国である日本に生まれ、何不自由なく育ってきましたが、人間関係が希薄になっていると漠然とした空虚感を抱いていた当時、この貧困地帯の人々の人間関係を羨ましくも感じ、本当の幸せはどこにあるのだろうと考えていました。人々の温かさに癒され、救われたのは私のほうだったのです。


*国際開発業界までの道のりとGBNの立ち上げ*

ところが当時は即戦力が求められる国際開発業界に入る手段もなく、卒業後に勤務したのはIT業界でした。それでも国際開発の分野で働きたいという夢はずっと抱き続け、5年後には渡米し、インターンシップなどを経験しながら国際開発への道を模索し続けていました。やっとのことで米国の大学院で国際開発学の修士号を取得し、その後、国際支援のNGOに在職し海外駐在も経験しました。国際支援の仕事を希望してから実際の道に辿り着くまでに、相当な年月を要してしまいました。

やっとのことで国際開発業界に足を踏み入れたものの、今度は自分の思い描く国際支援と実際とのギャップ、また援助が『本当に必要としている』人たちに届いているのだろうかという葛藤を抱いてしまいました。
そんな中、アフリカのウガンダで、生理が原因で学校にいけない女の子たちがいるという実情を知ったことで始めたプロジェクト(布ナプキンで生理で学校に行けなくなる女の子を救いたい!は本当にニーズがあることを実感できるものでした。そして信頼できる現地NGOとの出会いがあり、現地のニーズは現地の人たちが一番理解してると考えると、現地の人が現地のために活動しているところと協力するのが一番効果的ではないかと考え、協力関係を築く土台としてGlobal Bridge NetworkGBN) という団体の立ち上げに至りました。


*GBNにかける想い*

GBNは「対等な関係」をコンセプトに、お互いにとってWinWinの関係を築きたいと思っております。社会的立場の弱い子ども・女性など様々な方々のニーズに沿った支援をし、ゆくゆくはビジネスに結びつくような事業も行っていきたいと思っております。

まだまだ至らないことだらけですが、今後も現地と協力しながら支援の幅を広げ、GBNとして国境を越え人と人を繋ぐ架け橋になれたらと思っております。そして、少しでも多くの方に異文化の面白さを伝え、皆さまが楽しめるような企画もしていきたいと思っております。

別途フルタイムの仕事もありどうしても時間の制約がある中、GBNの運営や活動をどうやって回していくか試行錯誤の毎日です。しかし、国際支援を通して出会える人々や仲間は何事にも代えがたく、また様々な人達のお力をお借りしながらこの仕事を続けられることに感謝しております。


今後とも成長を見守っていただき、時には一緒に活動や協力をしていただけたら嬉しく思います。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



ウガンダの子どもたちとのお気に入りの1枚!


http://globalbridgenetwork.org/






*GBNのFacebookページ*